ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.6
高岡陽子 at ビーロット江坂

7月18日(祝・月)ストリートライブ開催報告

今回は、CMソングなどでも活躍する「高岡陽子」さんの出演。ビーロット江坂ビル前広場での開催でした。

ビーロット江坂前広場は、御堂筋線江坂駅北口西側に直結する、大きな木が目印の都会のオアシス的空間です。
ランチタイムには、フードキッチンカーやタリーズ片手に休憩する企業戦士、マクドを頬張る子ども達で賑わいます。
ゲストミュージシャンに「上條みずほ(ピアノ)」を迎え、ボリュームたっぷりのライブを披露いただきました。
一曲目には関西人なら絶対聞いたことのある「shine on you」南紀白浜アドベンチャーワールドテーマソングから、ワールドウエディング CMソング「Jurer ジュレ?誓う?」をはじめ、松田聖子「瑠璃色の地球」・Official髭男dism「I LOVE…」・優里「ドライフラワー」などのカバー曲も披露。幅広い層が楽しめる内容でした。
普段はソロ活動やユニット「SOIL」でも活躍中。

MC中には、CMで流れるナレーション「阪神高速」「町の水道屋さんイースマイル」「京阪電車」「ペットフードはドギーマン」など生声で披露。個人的には「なか卯」店内ソング「なか卯って?」が感動しました(笑)また、今年から関西CMの伝説級である「とんかつ とんかつKYK!」も担当されています。

炎天下の中、たくさんのご来場ありがとうございました!

 


 

ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.5
Guitar & W.bass JAZZ CONCERT
7月9日(土)ストリートライブ開催

5回目の開催となる「ESAKAミュージックストリート2022-音楽屋通り-」
今回は、江坂駅北口すぐにあるダスキン本社ビル 公開空地にて開催でした。株式会社ダスキン様、ご協力ありがとうございました!ここに愛はあります!(愛の石板)この公開空地は、どなたでも利用できる癒し空間。

向かいには、イケてる豊津公園も。やっぱり江坂はクールですね(笑)
本日の出演は、村山義光(g)時安吉宏(w.b)によるJAZZ演奏。本番前、演目を打合せ中。
会場の雰囲気に合わせインスピレーションで決めているようですね
バラードから身体躍るアップテンポなスイングまで、ボリュームたっぷりのパフォーマンス、ありがとうございました!

 


 

ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.4
西浦達雄at ビーロット江坂 ストリートライブ
6月24日(金)ストリートライブ開催

今回は、あの歌声・・・甲子園ソングの「西浦達雄」さんの登場です。
この日も朝からグングンと温度は上がり、もう6月とは思えない夏日です。
このイベント日程を決めていたのは・・・今思えば今年の1月頃。
その時、6月は「 さ・わ・や・か・な・1・日 」 であろうと思ったのですが、もう難しい・・・。
機材の仕込み等は、日差しの中「暑い~!!」と藻掻きながらです。
幸い17:00からのスタートでしたので、風もチョット爽やかな感じ、
ビーロット江坂も日陰になり、少し「甲子園」のアルプスのようでした雰囲気でした。

ウィークエンドと言えども平日の夕方、観に来てくださるかな・・・という心配もありましたが、1時間程前には、場所を決めて座っておられる方もおられるような状況になりました。いつもストリートイベントを行う時に、少し困るのは公開されるリハーサル。包み隠したい部分も丸見えという、隠れるところがない状況・・・。
ただ、この日も、西浦達雄氏は、リハーサルからガンガンに飛ばします。どちらかというと、昔から、リハーサル沢山歌う方です。お待ち頂いているお客さんも沢山おられるのですが、16:20ぐらいから、「少し、音響等の状況確認もありリハーサルさせて頂きます。」とおしゃべりしながらの和やかな雰囲気。結果的に本番10分前まで、全力で歌ってました(笑)。お話しを聞くとイベント当日は、もう朝から歌っているという状況の方です。声帯強い、声大きいのは判っているのですが・・・もう何十年も凄いことです!!

First stage
1.勇気
2.はじまりの瞬間
3.迷わずに
4.願いの向こうに・・・
5.手の中の青春
6.オレたちの純情

Second stage
7.Look at me
8.風の色
9.そうだろう・・・
10.その瞬間思いを胸に
11.瞬間
12.大空のしずく

その楽曲が使われた時に活躍した選手たちやその想い出を話しながら2ステージ、目一杯歌ってくださいました。1987年から28年間、ABC朝日放送高校野球中継ED で流れた楽曲、それぞれのシーンが思い浮かびます。聴いていて思うのは、あの一時代を築いた今も生き続けている楽曲ばかり。音楽と共に甲子園のあのシーンが浮かぶというのは本当に凄い説得力です。これは、一緒にご覧になった方々も感じられたと思います。最後、この会場で初めてアンコールがおこりました。西浦さんが、なんと弾き語りで「栄冠は君に輝く」~全国高等学校野球選手権大会の歌~をバラードで歌ってくれたのはとても印象的でした。
この場所に来て頂いて本当にありがとうございました。

見逃した方には、このYouTube!! 

夏の高校野球 西浦達雄11曲
https://www.youtube.com/watch?v=eQGpIKlk9wk
00:00『そうだろう』
05:12『はじまりの瞬間… 』
10:08『やさしさにかわるまで… 』
15:39『瞬間(とき)』
21:08『風の色』
26:22『その瞬間(とき)…思いを胸に』
31:21『願いの向こうに…』
36:47『迷わずに』
42:03『涙の色』
47:12『魔法の扉』
52:09『勇気』

 


 

ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.3
ビーロット江坂☆弾き語りイベント
6月10日(金)ストリートライブ開催報告

13:30~弾き語りマラソン的ストリートライブでした。

またまた前日は雨模様・・・何故か、このストリートライブになるとスカッと晴天。この日も朝からグングンと温度は上がり、夏日です(笑)。しかし、風が爽やかな感じで恵まれていたように思います。スタートは、13:30、終了予定では19:00。えっっっ、5時間30分・・・金曜日は、週末かもしれませんが、昼間は皆さん、普通にお仕事されてますよね。しかし、お構いなしで「チーム弾き語り5組+1」は飛ばしていきました。

今年の1月、寒いと言いながらも、このメンバーで、まずは第一回目をやってみました。彼らも通常はライブ活動している若者たちですが、その場合は、音楽を聴きに来る体制で来場される方々が殆どです。この場合は、発信する側(演奏者)と受け取る側(来場者)のスタンスがはっきりしており、やりやすいものです。しかし、ストリートで行う場所は、まず通りがかる人の「何やってんの?」から始まるんですよね。やってみると判るのですが、すごく根性必要です・・・。キッチンカーも沢山並んでいます。

■平湯咲月
平湯さんは、歌、ピアノを教えながらライブ活動、サポートミュージシャンをやっているスペシャリスト。オリジナル曲は、親しみやすく、どの年代もカバーできる包容力を持っています。そして、何といってもMCがお上手。「立て板に水」の如く、漫談・落語もいけそうなくらいのしゃべりの実力です。今回は、トップをやってくれ、ガンガン喋って歌って、笑って前半部に30分ステージ2回。何と、ライブ活動のため、この日の夜には札幌入り(笑)。後輩たち、恩師と写真撮って15:30には空港に行ってしまいました・・・。いつもありがとう!!

■おおやちたかひろ
昔から、ステージで自分の名前を連呼させたら関西一かなと思うぐらいの雄叫び率。たしかに名前憶えてもらわないとね。ステージネームは本名を、そのまま「ひらがな」表記。今回は、歌声の進化を感じるステージでした。透明感ある高音と特徴ある音渡り。一度聴くと、「おおやちたかひろ」と判ります。今回は、ステージ終わりに、「歌と声が好き」とサインを求められ、このシーンが一番緊張していたようでした。本人は感動・・・!!


■くれっしぇんど 
今回もハモり大好き少女たちは色んな曲を披露してくれました。この二人、いつも明るく、いつも一緒に居ます。くっついたら離れません(笑)。二人の名前は、春香さんと愛夏さん。この移りゆく、この季節ピッタリでしたが、そんな話題はまったく触れていなかった・・・。今回は、恩師もわざわざ観に来てくださり、三人でパシャり、とても楽しそうでした。

■青シマ定員T 
香川県出身、YouTuber「青シマ定員T」。ステージ時間は、少し短めに設定していますが、目一杯駆け抜けてくれました。彼の活動は、自分も含めた周りの出演者とのコミュニケーションや自分の心境、イベントの雰囲気などを映像で捉え、それを編集して後日UPするというスタイル。今ドキの若モノです。前回の出演で刺激が多すぎて自己啓発イベントとなってしまいました。心優しい青年ですので、応援お願いします!!

■おとぐらし 
前回もその実力を発揮、沢山の人たちの足を止めた「おとぐらし」のふたり。オリジナル曲の良さとボーカル、コーラスワークは、より素晴らしいものとなっていました。ギターとピアノというシンプルな編成ですが、これに二人の声が入ると人は確実に聴き入ります。福岡県と京都府の高校生が、この江坂で出会ってこうなったと本人たちも話していましたが、その偶然に感謝だと思います。応援お願いします!!

■raco 
今回の出演者は全員、江坂公園側にあるキャットミュージックカレッジ専門学校の卒業生。今回は、昨年度卒業したracoさんにも、短い時間でしたがライブをお願いしました。声質と歌い廻しが個性的で一度聴くと耳に残ります。オリジナルも豊富で聴き応えありますね。これからも頑張ってください!!

さて19:00前になりました。かれこれ5時間以上、走ってきたストリートライブも終了。17:00を過ぎたあたりから気温も程よく、素晴らしい1日となりました。今回は、札幌に行ってしまった平湯先輩だけが、居ないというかたちでの集合写真です。学年は、少しずつ違えど同じ場所で学んだ先輩後輩です。また応援していこうと思います。お疲れ様でした。

 


ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.2
studio GU サウンドフェスタ
5月28日(土)ストリートライブ開催報告

今年度のセカンドイベント!!

今回、イベント手前の月曜日から崩れていくお天気模様・・・。しかし、週末には免れると期待していると前日の金曜日で雨は終わり(^_^)、イベント当日の土曜日は朝から晴天なり!!初回となった前回5/14も非常にラッキーだと思っていたのですが、今回も幸運な日となりました。

過去を思い起こすと「ESAKAミュージックストリート2020」初めて5日連続で屋外イベントを行った最終日の11月20日(金)。朝から雨・・・中止決定手前のお昼過ぎ14:00に雨が止み、16:00からのイベントが無事出来たことを思い出します。
ESAKAミュージックストリートは屋外イベント。コロナ禍の中、まん延防止等重点措置等で延期としたことはあっても、不思議に過去一度も雨天中止がありません・・・。2020年11月16日(月)から記録更新中ですね(笑)。


さて、この日のイベント「studio GU サウンドフェスタ」は、ウクレレを習うstudio GUの皆さん60名程がクループや個人で演奏頂くという内容でした。13:00より大人の部8組、15:00から子供の部6組というかたちで演奏。演奏は順調なのですが、この日は風が強くて譜面台の譜面が飛ばされるという事態。先生を始めスタッフ一同、そのフォローがなかなかの素早さ、大人の部が順調に進んで行きます。スケジュールに余裕を持たせて、演奏にゆとりをもって貰いたいという内容でもありました。転換等を急ぐことなく、会話ができて笑える余裕を・・・皆さん楽しそうに演奏してくださいました。そして、15:00からは、子供たちも楽しいステージを展開してくれました。




今回は、皆さんに短い期間で練習してもらったり、急な演奏グループ結成もあったにも関わらず素晴らしく楽しい演奏を届けてくれました。

江坂企業協議会としては、今回、屋外、開放感あり、アットホームな雰囲気等を工夫して緊張和らぐストリートライブの雰囲気づくりを頑張ってみました。「もっと弾きたい!!」と思ってもらえるイベントになったのではと思います。子供さんから年配の方々まで、幅広く「演奏する」ということを楽しんでもらう教室「studio GU」。お友達や保護者の皆さん、通り掛かった方々、キッチンカーでお仕事をされている方々にも楽しんで頂けたようです。次の機会、また宜しくお願いします。

studioGU

https://studiogu.net/


ESAKAミュージックストリート2022 ~音楽屋通り~Vol.1
Mirror in the Mirror

5月14日(土)ストリートライブ開催報告

今年度のスタートイベント!!

5/10(火)以降、雨が降ったり止んだりという天候の中、5/14(土)はどうなるのかな・・・、とても天候を心配したこのイベント。
しかし、ダスキン公開空地は、屋根有り/無し、どちらの対応もできるところが凄いのです。今回も5/14(土)、準備を始めた昼過ぎは、傘をさしている方がチラホラ・・・安全を考えで屋根有りスペースを選ばせて頂きました。前回もそんな感じでしたね・・・。
今回、出演頂いた清野拓巳さんはギター、MIKIKOさんはピアニカ、ボーカル、語り等、ひとり3役でのステージ。吹田市文化功労者として表彰されている吹田在住のギタリスト清野拓巳氏が、MIKIKOさんと共に、音やことば、実際の絵本をイメージした創作力溢れるステージ内容となりました。

①部15:00~ いちごエクスプレス組曲
②部16:00~ スカイランタンタン等のオリジナル曲
③部17:00~ Mirror in the Mirror

3つのステージをそれぞれの内容に別けて演奏、①部、③部は物語を題材に自作オリジナルを披露。「メロディの美しい曲」が多く、マイナー感の強いものなのですが、その楽曲内に一瞬ある笑顔、光、安らぎ、瞑想感等、響きを大切にした印象に残る演奏でした。
②部のスカイランタンのために書き下ろした楽曲は、夜空に舞う幻想的なランタンの雰囲気を音で表現されている素晴らしい作品だと思います。



このイベントは、SNS告知のみでさせて頂いております。
「江坂企業協議会」「まちっと北摂」やミュージシャン発信のもの・・・。
しかし、イベントスタート15:00前には、沢山の方々が訪れくださり、おおよそ60名の方々が来てくださいました。
リハーサル時に隣のマンションから「音がキレイなので・・・」と訪れて頂いた方、演奏スタート後に音が聴こえて階段を上がる人・・・
皆さん、ご来場ありがとうございました。

さて、このお二人のユニットは毎月第2木曜日、吹田TAKEFIVEにて演奏されています。
どうぞ、機会がありましたらお越し下さい!!

イベントスタート時には、光が差し込み、雨等も無く、快適な数時間が流れました。
風の音も室外の様々な音もひとつのものとして表現されているストリートらしい演奏だったと思います。


次回は、5/28(土)13:00~ビーロッド江坂、ウクレレが鳴り響くイベントです。
ESAKAミュージックストリートとして新規導入された大きな市松模様の看板が目印です。
QRコード埋め込みバージョンですので、ご来場の際は、ご登録くださいませ!!